english Catalan

download the brochure | biography | japanese text | I Musici's home | contact


 

第二次世界大戦が終わって間もない1951年、ヨーロッパ中が湧き上がっていた。誰もが復興に全力を傾けていた。その活動は物理的な建造物の建設に限ったことではなく、人々の精神の強化も求められていた。文化は再建の推進役だった。

芸術の発祥の地、ローマ。サンタ・チェチーリア音楽院とレミー・プリンチペのもとで学んだ12人の若き音楽家がこの地に集っ。音楽こそが彼らの情熱だった。彼らはシンプルな名前を選んだ。「イ・ムジチ 」―― 典型的なイタリア語の響きをもち、古(いにしえ)の高貴な言い方である「音楽家」という言葉を、彼らは自らの名に選んだ。彼らは1952年3月30日にサンタ・チェチーリア音楽院でデビュー・コンサートを行った。

アルトゥーロ・トスカニーニが彼らの演奏を耳にしたのは、幸運な偶然であった。深く感銘を受けた彼は言った。「12人の若者の演奏を聞いた。彼らは素晴らしかった。本当に素晴らしかった。音楽はまだ死んでいなかった。」

ここに我々の物語は始まった。はるか昔のようにも思えるが、設立メンバーの記憶の中にそれらは今も鮮やかに息づいており、後年加わったメンバーの心にはまさに現在のことでもあり、私たちはその物語が60年も続いてきたことに気づかずにいる。

 

 

  freccia

download the brochure | biography | japanese text | I Musici's home | contact